上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
人はなんで前に目があるか知ってるか?
遠くの景色を見る為にゃぁ、前に進むしかないからだ
後ろに目があると
生まれた故郷が離れていくのしか見えねぇ
それじゃぁ人は前には進めねぇ
目が前にありゃぁ
歩いていけば
遠くの景色が近づいてくる
だから人は前に進める

でも、それだけじゃない
目が前にあれば先に行く人の背中も見える
見せてやろうよ
新しい景色を



今日は病院の帰りにいろんな人に偶然会いました。
なんか病気の話が
やっぱり中心になっちゃうんだけど・・・・
ちょっと思ったの。
もしも、私が完全復帰できたら。
全快したらさ。
病気になって「こんな辛い思いした」なんて言いたくないな、って。
病気になって、
だからこそ解ったことがたくさんある。
健康な身体を失ったことがあるからこそ
見えた景色がある。
だからさ
病気になって経験した「辛い話」じゃなくて
病気になって経験した
感じることができた
嬉しい話とか
感動した話とか
人の大切さとか
そおゆう話ができるようになりたいな、って思ったの。

やっぱりさ
ついつい「辛かった時」の話が口走っちゃうけど
それじゃぁせっかく乗り越えたものが台無しだと思った。
乗り越えたとき
初めて見えたその景色。
それを伝えられるようになったら
本当に全快した、って胸張って言える気がした。

辛かった道のりを語るんじゃない
その後見えた景色が
どれだけ綺麗に映ったか

なんかよくわかんないけど
そこにポイントがあるんじゃないかなぁ。
なんて思った私は・・・・グレンラガン1話から見直してるw
スポンサーサイト
2009.07.31 Fri l 習慣日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mana8823.blog42.fc2.com/tb.php/524-c233bf44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。