上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
私が薬の大量摂取と自傷行為による自殺未遂からの生還記。
今日お母さんに聞いて
私は意識なくて全く覚えてないんだけど
知らないうちに私はけっこう勝手に動いていたらしいので
せっかっくって言うのもなんだけど
まぁ、戒めって事で書いておこうかな、って思います。

10月9日
この日は午前中に病院に行きました。
このブログでもわかるけど、もうこの前から薬の大量摂取が始まっていたので
実はもうすでにあんまり記憶にない。
夜、多分11時くらいだと思うんだけど
ソラナックスってゆう精神安定剤を150錠くらい飲んで
アーミーナイフで首を切った。
あんまり切れなかったからカッターに変更。
実はこれは
「確実に死にたい」と思っていて
薬の致死量なんかはわからなかったし
イメージとしてはよく時代劇とかで刀で首切って
血がブシュー!ってやつだったんだけど
そんなに思い切りよく切れなかった。

ここまでは一応記憶に残ってるんだけど
ここから私の記憶にはないところ。

10月10日
朝起きてきたらしい。
私はそれだけでビックリなんだけど
元気にフレンチトーストを3枚も食べて
みかんも5個くらい食べたらしいの。
で、電話とかメールも何気にしてるんだよね。
お昼過ぎにリビングに紅茶を飲みたいって言って来たらしいんだけど
この時はかなりフラフラしていたらしい。
そんで階段から落ちたそうです。
お昼の3時頃
私の部屋からドーン!って音がして
ベッドから落ちた私が気を失っていて
救急車で運ばれたんだそうです。

病院では私はギャーギャー叫んで大暴れ。
男5人で私をベッドに縄で縛りつけたそうです。
何度か覚醒しては叫んでいたらしいよ。

10月11日
朝7時に目が覚めた、ってゆうより
かろうじて意識が戻り始めたの。
最初お母さんの隣に座ってたお兄ちゃんが看護士かなんかだと思って
よく見たら「あ!夏?」って聞いたのは覚えてるw
その後帰ってきてからの事は殆ど覚えてないけど
多分もう点滴で薬の成分も洗い流されていたせいか
まぁ落ち着いて寝ていたんだと思う。

それで私は無事に生きて帰ってこれた。
家族全員が集まる機会って本当になくて
「記念写真とっちゃう?」とかゆう話にもなっていたらしいw
なんだそれww
でも、本当に家族に助けられたんだなぁ~って
話を聞いて思いました。
父親は顔を真っ青にして落ち着かなかったんだそうな・・・。

もうしちゃいけないってゆうのは凄くよくわかってるし
今はこうやってなんか記録できちゃうくらいに余裕があるんだけど
あの1週間くらいかな。
どん底だったけど
悪い夢を見ていたんだと思う。
だって、変わったのは私の気持ちの持ちようひとつなんだもの。
でもね
いっぱい心配かけちゃったけど
私全然ひとりじゃなかったんだ、って気付いたよ。
みんなが支えてくれてた。
みんな手を差し伸べてくれてたのに
素直にその手を掴もうとしなかったのかもしれない。
みんな凄く優しい。
頑張って生きていきたい、って今思ってます。
スポンサーサイト
2009.10.14 Wed l セカンドシーズン l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mana8823.blog42.fc2.com/tb.php/570-498be71d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。